営業マンのカリスマを目指して


by kotfmovzve

山口彊さん死去 二重被爆者93歳 非核・平和訴え(毎日新聞)

 広島、長崎それぞれで直接被爆し、「二重被爆者」として初の公式認定を受けた山口彊(やまぐち・つとむ)さん(長崎市在住)が4日午前5時38分、胃がんのため長崎市の病院で死去した。93歳だった。密葬は近親者で済ませた。

【写真特集】長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影

 三菱重工業長崎造船所の設計技師だった山口さんは1945年8月6日、出張先の広島市(爆心地から3キロ地点)で被爆。列車で8日に長崎へ戻り、9日には再び爆心地から3キロ地点で被爆した。2回の被爆で左耳の聴力を失い、急性白血病や白内障などの原爆後遺症にも苦しめられた。

 非核や平和の思いを伝えようと、02年には短歌集「人間筏(にんげんいかだ)」を自費出版。05年、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたことをきっかけに、それまで以上に積極的に被爆体験を語り始めた。06年8月には、米ニューヨークの国連本部を訪れ、自身が出演した記録映画「二重被爆」を上映し、核兵器廃絶をアピール。09年3月、長崎市から広島での被爆事実の認定を受けた。

 二重被爆者については、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が05年、被爆者の体験記約10万点と死没者約1万7000人を調べ、広島、長崎の両方で直接被爆した記録が9件見つかったが、確定はしていない。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
【当時の写真と新聞紙面から】広島に原爆投下
【当時の写真と新聞紙面から】長崎に原爆投下
【写真特集】米兵が撮った1945年の東京
【写真特集】沖縄戦:「鉄の暴風」死者20万人 徹底抗戦で「捨て石」に

ひできのブログ
出番待ち
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
[PR]
by kotfmovzve | 2010-01-08 21:27